行ってきました、念願の「猪鹿庁」イベント、

罠(トラップ)マスター講座」!

場所は、岐阜県郡上八幡市にある「リバーウッドオートキャンプ場」。

 京都からだと、高速で3時間弱。

ですが、途中のPAでポケモンをゲットするのに夢中になってしまい(前回の記事を参照)

集合時間ギリギリで到着。が、すでにほかの参加者はテントの設営まで完了されている状態。

少々あせりながらなんとか受付をすませ、会場入り、

そして1日目がスタート。

まず最初に参加者全員の自己紹介から。

驚いたのが、参加者の半数近くが「リピーター」だったこと。

参加した理由もさまざまで、「狩猟免許」を持っている、または取ろうと思っている人のほうが、

少数派で、「ジビエBBQがおいしかったので、又参加しました。」とか

「前回のナイフ作りがおもしろかった」、「猪鹿庁のイベントは全部参加している」などなど、

思っていたよりも「ゆるーい」かんじで参加されている方々もいらっしゃいました。

ある意味これが「猪鹿庁」らしさなんだろうなー。

でも、ここからの授業の内容はかなり「ガチ」。

講師の瀬戸せんせーが実際に使用し、改良を重ねた「くくり罠」の製作にはいります。
 BlogPaint
企業秘密かもしれないので一部画像を加工しています(笑)

全容を知りたい方はぜひ、次回(未定)のイベントにぜひ参加して見てください。

罠の材料自体はホームセンターで揃うものがほとんどで、

加工もさほど難しいものはないのですが、実戦で培われたノウハウがつめこまれており、

「はやく使ってみたい」と思わせる、すてきな道具が出来上がりました。

そのあとは、罠にかかった動物の「止め刺し」用の道具を作るため、

その材料となる「木」を切りだしに敷地内の森の中へ。

028
 その道中、

前日仕掛けておいたという罠に鹿がかかっていました。
029
瀬戸せんせー、満面の笑み!

推定2歳メス、かなり衰弱していましたが、まだ生きているので肉として食べることはできるとのこと。

死んでしまっていると、(心臓がとまっていると)血が抜けないし、腐敗もはじまって、

食用はできなくなってしまうので、無用な殺生にならないためにも、罠の見回りはまめに。

というか毎日チェックしないとだめでしょう。

そして早速、瀬戸センセーの説明のもと「止め刺し」「放血」「腹抜き」のレクチャー開始。
 
まず、獲物を気絶(失神)させるコツの伝授。 狙う場所は頭頂部、そこをねらって打撃。

せんせーは自作のブーメランを使用(写真で手にしているやつ)

続いて血抜き(放血)。先生は鎖骨付近の肺動脈をねらいましたが、初心者は頚動脈のほうが

わかりやすいのでそっちでもいいとのこと。

この気絶~放血をすばやく行うことが動物を必要以上に苦しめないためにとても重要であると、

そのことを、目の前で、命が失われていくさまをみとどけることで、

その場にいた全員が、深く心に刻んでいたと思います。

全員で黙祷したときの、神聖な雰囲気がとても印象的でした。

そしてすぐさま「腹抜き」。

この時期だと1時間もすれば腐敗で腹がパンパンになってしまうそうで、

そうなると、作業が非常に難しく、リスキーになることが用意に想像できます。

くわしい描写は避けますが、開腹をはじめる位置、臓器の位置や傷つけないためのコツ、

切断しやすい骨の位置など、凄まじい勢いで解体されていきました。

その後、とりあえず解体の終わった獲物は流水で冷やしつつ、

参加者は当初の目的である、こん棒の材料探し。

各自気に入った木を切り出し、先ほどの獲物を回収して下山。

会場にもどったあとは、罠づくりの続きをしたり、テントの設営をしたり。

ただ、もうみんな頭の中は夜の「ジビエBBQ」でいっぱい。

そんなかんじで、心地よい疲労感とともに、夜はふけていきました。

(続く)